競馬 追い切り情報のことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

皐月賞のディープブリランテ

15日(日)中山競馬場で行われる皐月賞(GI)に出走を予定するディープブリランテ(牡3 栗東・矢作芳人)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

●ディープブリランテについて矢作芳人調教師

「ここ2走は色々な要素で負けてしまったもので、力負けだとは思っていません。前走後からクロス鼻革を装着し、スタッフ一丸となって、折り合わせることに専念しました。その成果が出ると思います。

今朝の追い切りでも、直線で騎乗者のサインを待っていて、自分から行きたがるところはありませんでした。日々の手入れから引き運動から、全てに人間の制御が利くようにスタッフが全身全霊を傾けてくれました。その成果を競馬で生かしたいと思います。

有力馬でクラシックに臨むのは初めての経験です。どのようなものか、楽しみたいです。人気のある馬で、皆さんにはご迷惑もおかけしました。そのぶん、人間は力が抜けてリラックスして臨んでいます。馬もきっとリラックスしてくれるはず。リラックスして走れれば、潜在能力は非常に高い馬なので、とても楽しみです」

●ディープブリランテについて岩田康誠騎手

「ここ2戦は掛かりグセが出てしまって負けてしまいました。それでも前走は、ハミを噛んで行っても直線はあれだけのパフォーマンスを見せてくれました。改めてこの馬の能力を感じました。追い切りもとても良く、落ち着いて皐月賞に向かえると思います。

この馬は他の馬にはない瞬発力を備えています。成長も感じますね。一瞬の脚には爆発力がありますから、それを踏まえたレースというのも考えています。どんなレースもできる馬ですから、前でレースをするのか後ろからになるのかは、当日にならないと分からないですね。

1週前追い切りに騎乗しましたが、この馬に対しての、矢作調教師をはじめとしたスタッフの思いも感じました。いい内容の追い切りでした。今朝の追い切りも良かったと聞いています。

1ハロン距離が伸びても大丈夫です。僕自身がしっかり乗れれば、結果はついてくると思います。自身を持って乗ります」

(取材:小塚歩)

2012年4月11日19時0分
(ラジオNIKKEI)

岩田騎手の信頼度は抜群だが、

ディープブリランテはそれほどの実力があるか

ちょっと疑問。

軸にするのは

ワールドエース

アダムスピーク

この2頭のどちらかがいいと思う。

«  皐月賞のディープブリランテ  »


露出とは