競馬 追い切り情報のことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

桜花賞のジョワドヴィーヴル

今週のメーンは牝馬クラシック第1弾の桜花賞(G1、芝1600メートル、8日=阪神)が行われる。
 G1・2勝目を狙うジョワドヴィーヴル(牝3、松田博)はCウッドコースを軽く2周。いつも通りの調整で4日の最終追い切りに備えた。「きゃしゃな面はなくなってきたな。鞍を取るとそうでもないが、ディープ産駒はみんなこんな感じ。まだ成長するだろうから」と松田博師は5月の遅生まれの女王の成長カーブを認める。阪神JFのような圧勝で再び“1強”を証明するか。

2012年4月3日17時50分
(日刊スポーツ)

«  桜花賞のジョワドヴィーヴル  »


露出とは