競馬 追い切り情報のことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

日本の競馬史ー1

日本の競馬の歴史
江戸時代末期横浜の外国人居留地で行われた競馬が洋式競馬の始まりです。1860年頃のことです。
日本人の運営による洋式競馬は明治3年東京九段で行われたのが最初です。兵部省の主催でした。
明治40年まで靖国神社の例大祭に際して行われました。
日清・日露の戦争で馬産事業の重要性が認識され、国により大いに推進されることとなったのです。
明治38年には馬券の発売が認められることになりました。

馬券発売が許可されたことで競馬会の設立が計画され、明治39年東京競馬会が貴族院議員 加納久宜を中心として設立された。
理事には加納や陸軍の安田伊佐衛門中尉、尾崎行雄東京市長らが就任した。
東京競馬会は第1回の開催から予想をはるかに超えた売り上げを記録し大成功であった。

東京競馬会の成功に刺激され各地で公認競馬を開催する動きが起こり、札幌、函館、川崎、板橋等に社団法人が次々と誕生した。
しかし人材不足もあってか八百長問題や不正が頻繁に起こり、また競馬場に柄の悪い人が出入りしたので、世論は競馬排斥へと向かった。

«  日本の競馬史ー1  »


露出とは