競馬 追い切り情報のことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

宝塚記念 オルフェーヴルについて

●オルフェーヴルについて池江泰寿調教師

「先週の段階で、出走の方向に気持ちが傾いていましたが、今週はまた馬の状態が上向いていましたし、今朝の追い切りと上がり運動を見て、出走を決意しました。調教はGI馬ですからやれば時計は出ますが、馬体面や気配が先週より良くなっていましたし、出走態勢が整ったと判断しました。

今朝の追い切りは坂路で2頭併せ、2~3馬身後ろから追いかけてラスト300mほど強めに追って欲しいとの指示でした。突き放すところまではマズマズでしたが、馬場が悪くて最後は苦しがってモタれていました。これまでも1週前追い切りなどキツい調教を課したときに見せる仕草なので、その意味では今朝の追い切りは、いつもの1週前追いぐらいの状態には来ているのかなと思います。

体調は徐々に良くなっています。総合的に見て、全てが悪い方向ではなく良い方向に向いています。完璧とはいきませんが、当日までに7割ぐらいのデキに持っていけると思います。今年の宝塚記念のメンバーはレベルが高いですが、天皇賞より確実に状態はいいので、あのような恥ずかしいレースにはならないと思います。前回はメンコをつけてレースに臨んだのですが、それが敗因のひとつだと考えられますのでメンコは外して出走します。(作戦について)去年の三冠のように、レースでは全てジョッキーに任せます。枠順は…もう大外枠は勘弁して欲しいですね(笑)。

春2戦とも、見苦しいところをお見せしたにもかかわらず、ファン投票で1位に支持して頂いて、その気持ちを重く感じております。オルフェーヴルはまだ完璧ではないですが、現状のベストを尽くしていますので、また応援していただければと思います」

●オルフェーヴルについて池添謙一騎手

「最終追い切りが無事に終わってホッとしています。追い切りは先週と同じ感じで、終いはそれなりにしっかりとの指示でした。(ゴール前のモタれる仕草について)いい頃に見せた仕草だと感じました。追い切りは多少、右に行くところもありますし、気にはしていません。前回はそういう仕草が無かったので、逆に良かったのかなと思えました。去年の、本当に良かった頃に近づいてきているのかな、と。前回よりは順調ですし、ここまでよく戻ってくれたと思います。

これだけの馬ですから、しっかり結果を出さなくてはいけないと思っています。折り合いが一番大事なので、そこは一番に頭に入れて乗らなくてはいけませんが、距離もコースも問題ありませんし、この馬のレースができれば。阪神は先週雨が降り、内を避けるレースもありましたし、馬場状態は当日の見極めが大切だと思います。

年頭から『この馬が競馬界を引っ張っていく』と言っていながら、春2戦で結果を出せず、その中でのファン投票1位はとてもありがたいです。ファンの方も、この馬の強いところを見たいと思って投票してくれたのでしょうから。しっかりと結果を出して、去年から目標にしているところ(凱旋門賞)に向かっていけるといいですね」

(取材:小塚歩)

2012年6月20日18時42分
(ラジオNIKKEI)

«  宝塚記念 オルフェーヴルについて  »


露出とは