競馬 追い切り情報のことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

安田記念 ラッキーナイン

<安田記念:追い切り>
 香港馬ラッキーナイン(セン5)は30日、東京競馬場の芝コースで追い切った。調教をつけていたビュッセイ助手は終始抑え気味にもかかわらず、6ハロン79秒9、3ハロン38秒8、しまいは12秒0。時計の速い芝コースとはいえ、タイムは出ている。「思い通りの調教ができた。あと1回追い切れば仕上がる」とファウンズ師。
 昨年のスプリンターズSの追い切りでは、中山競馬場の芝で3ハロン41秒0、しまい13秒1。馬場が違うため単純な比較はできないが、ほぼ同じ内容の追い切りでタイムは格段に速くなっている。
 前回の来日時に課題だったから内臓(気道)の弱さも改善され、マイルへ距離を延ばしても大丈夫と思い使った前走香港チャンピオンズマイルで堂々の3着。「レース内容も素晴らしく、マイルが適性なのかもしれない」とファウンズ師。自信を持ち、日曜の本番へ向かう。

2012年5月30日21時1分
(日刊スポーツ)

«  安田記念 ラッキーナイン  »


露出とは