競馬 追い切り情報のことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

マイネルキッツについて

キリっとした感じでいい追い切りでしたよ。

以下は(ラジオNIKKEI)の引用です。

比較的暖かな朝となった美浦トレーニングセンター。まだ東日本での競馬再開には時間はかかるが、阪神、小倉での関東馬の活躍に関係者の表情は明るい。

 中山から阪神に舞台を移して行われる日経賞には一昨年の天皇賞馬で昨年のこのレースの覇者マイネルキッツが出走する。今朝は朝一番の調教が一段落つく7時半ごろにダートコースに入り3頭並んでの調教を行った。

 共同インタビューの内容は以下のとおり。

●マイネルキッツ(国枝栄調教師)

◎札幌記念以来の競走ですが、ここまでどう過ごしてきましたか?
 中間にいろいろトラブルがありまして、使おうと思ってまた戻ったりということを2回ぐらいしましたんで、順調とは言いがたいですね。でも思ったより回復が良くて、こちら(美浦)に来てひと月ぐらい経つんですけど(入厩以降は)極めて順調に来れました。

◎厩舎に戻って来た時の印象はどうだったんでしょう?
 北海道から戻って来て体も少しふっくら立派になったんでいいなって感じだったですね。

◎入厩後はどのあたりをポイントに調整されたんですか?
 一応、天皇賞を目標にして競馬を一回使うってことで、時間をかけて息を作ってって感じで、無理なく無駄なくって感じできましたけど。

◎今日の最終調整はダートで行われましたが。
 大きな馬場(ダートコースは南馬場の一番外側)で息を作りたいなと思って(3頭で)併せていい感じで最終追い切りはできたんじゃないかなと思っています。

◎久しぶりのレースになりますが、状態はどうでしょう?
 使うにあたっては現時点では十分な状態じゃないかなと思うんですけどね。もともと使われながら(良くなる)っていうタイプですんでね。競馬で次につながるような走りができればと思っています。

◎相性のいい日経賞ですが、今年は阪神競馬場で行われます。この点についてはいかがですか?
 (これまで日経賞では)いい競馬ができていたんですけどね。(これまでは)使って来ながらって感じだったんでね。(休み明けの)今回、その意味では割引が必要かなと思ってます。

◎今回、どんなレースを期待されますか?
 競馬で最後に頑張ってくれて、次はイケるなというような感じの競馬をして欲しいと思ってます。長らく休んでいたんですけど、タイトルホースとして頑張って欲しいと思っています。

(取材:佐藤泉)

2011年3月30日20時3分
(ラジオNIKKEI)

«  マイネルキッツについて  »


露出とは