競馬 追い切り情報のことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

オルフェーヴル フォワ賞の調教

10月7日(日)にフランスのロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞に向け、今週末16日(日)のフォワ賞に出走するオルフェーヴル、アヴェンティーノの昨日12日(火)の調教状況は以下のとおり。

◎エーグル調教場(芝コース、直線)の1200メートルの距離を、オルフェーヴル(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)が、アヴェンティーノ(牡8歳、栗東・池江泰寿厩舎)、調教パートナーとして加わった地元の小林智厩舎の牡5歳馬の後ろにつけて抜け出して、大差先着。
 オルフェーヴルにはC.スミヨン騎手が、アヴェンティーノにはJ.ヴィクトワール騎手が騎乗。

◎池江泰寿調教師のコメント
(オルフェーヴルは)先週水曜日の一週前追い切りもまずまずでしたが、本日の追い切りで状態がさらに良くなり、充分に仕上がったと思います。先週もそうでしたが、スミヨン騎手とも息が合っているように感じました。フォワ賞に関してはできれば頭数が5頭以上になってほしいです。初めてのロンシャン競馬場でのレースですので、うまく走ってくれることを期待します。

◎C.スミヨン騎手
 先週水曜日の一週前追い切りに続いての騎乗でしたが、引き続き良い状態です。指示に対する反応も良かったし、このひと追いで馬体面も、また気持ちの面についても充分に準備ができたように思います。オルフェーヴルのレース映像は何度も見ていますが、本日の調教に騎乗し、改めて彼への信頼度が増したような気がしますし、自分としては、フランケル級の馬だと思っています。フォワ賞の3週後が本番の凱旋門賞ですので、できれば余力を残して勝ちたいところですね。

(JRA発表による)

2012年9月13日10時53分
(ラジオNIKKEI)

«  オルフェーヴル フォワ賞の調教  »


露出とは